シュプレヒコールは原作ありきの同人誌へシフトする。

姫騎士 第二話はがっかりな最後の作品になった。
気合、努力、死ぬ気で作ったのは事実だった。
「姫騎士」も、そして「カレシのせいで」も、さらに「No Future」と「アヘ妻・弥生」は特に続編作りたかった。
アヘ妻・弥生の脚本・パッケージは自分だったが、初めて評価されたと思う。
姫騎士もNo Futureも自分のキャラクターデザインだったし、監督だったのでとても悲しい。

たくろうさんは天才、腐女子じゃないもん!は傑作、思い入れが強かった。
辰波さんは天才、ムネヲハレは傑作。
Maruto!さんは天才、かわいい素晴らしい悠くんで?遊ぼう!だった。
そしてスキマさんは天才、世界一のかっこかわいいキャラ=ゴス娘で、今も昔もこれからも彼の世界で一番のファンはオレだと思う。

上手くいかなかったアニメーション制作に未練タラタラ。
だが、莫大な借金では継続は無理。
今後はメインの仕事を探して、同人誌や趣味の何かを作る。

終わった・・・とはいえDL販売は継続販売するのでぜひ、買って見てください。
買ってもらわないと生きていけない。
泣いているクリエイターはいっぱいいるんですよ。

少なかったけど確実にいて応援してくれたファンの皆様、今まで有難う御座いました。
そして、同人誌や趣味の作品をこれからもよろしくお願いします。